日々の戯言 Audio Computer

オーディオやパソコンなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

6AQ5シングル真空管アンプキット TU-8150簡易測定

萌アンプに変身したTU-8150の電気特性の測定を行いました。

測定した項目はこちら。
・出力
・THD(全高調波歪)

オシロスコープやらオーディオアナザイラなどなくても簡易的に測定できますのでご紹介。

用意するもの。
・PC
・オーディオインターフェース
・デジタルテスタ
・ダミーロード冶具←自作

基本は市販のものですが、ダミーロード冶具は自作する必要があります。
回路図はこちら。
dummy.png
TU-8150のスピーカー出力へパラレルに抵抗、テスタ、可変抵抗を接続します。

抵抗はセメント抵抗の10Wくらいで良いと思います。
私は100W級アンプでも使えるように
ニクロム線を抵抗代わりに使っています。

テスターは小数点以下2桁くらい見れれば十分
安物でOK
正弦波1kHzまではそれなりに測れます。

可変抵抗は50kΩ位のBカーブ

実装はお好きにどうぞ、空中配線、ラグ版、ユニバーサル基板などなど

DSCF1157.jpg
オーディオインターフェースは私はUSB-DACを用意しました。
ライン入出力があればオンボードオーディオでもいけます。

efu様作成の「WaveGene」で任意の周波数を発生させます。
それをTU-8150へ入力します。
2017-08-29.png

そして同じくefu様作成の「WaveSpectra」で測定します。
可変抵抗を調整してクリップしないようにします。
2017-08-25 (12)

測定中

出力は以下の式で求められます。

P=E*E/R

DSCF1160.jpg

測定結果はこちら。
出力管は6V6GTを使用しています。
list.png

簡易的測定ですので参考までに。
スポンサーサイト
  1. 2017/08/29(火) 01:04:40|
  2. オーディオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
| ホーム | 6AQ5シングル真空管アンプキット TU-8150デコレーション>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hayakawa5729.blog119.fc2.com/tb.php/76-36efad17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。