日々の戯言 Audio Computer

オーディオやパソコンなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

6AQ5シングル真空管アンプキット TU-8150チューニング

ひとまず完成したTU-8150ですが、さっそくチューニングしていきます。

①12AX7のLEDを変更します。
デフォルトはオレンジです。
DSCF1082.jpg

ピンクにしました!お気に入りです。
以前に製作した真空管アンプでは青色でしたが、最近は好みが変わってきました。
DSCF1085.jpg

直径3mmのLEDであれば大抵のものが使えます。
簡単に交換できます。
DSCF1084.jpg


ここからは音質にかかわるところです。

②動作モードの変更
 UL(ウルトラリニア)
 TRIODE(三極管)
 PENTODE(五極管)
基板上のジャンパープラグを差替える事で簡単に変更可能です。
DSCF1090.jpg

③出力管の変更
electro-harmonix製 6V6GTを用意しました。ロシア製です。
MT管と比べるとやはり大きいですね。存在感があります。
DSCF1094.jpg

比較試聴中~
ソケット基板を変更するだけでGT管を取付ける事が出来ます。
DSCF1100.jpg

④OPアンプの変更
 今回はこちらの4品種を用意しました。
 OPA2134PA
 OPA2604AP
 NE5532P
 NJM5532DD
DSCF1105.jpg
OPA2604APて正規品かな?謎。。。

DIP8ピンソケットがあるので差替えできます。
DSCF1109.jpg

⑤カップリングコンデンサの変更
 黄色のコンデンサが用意した指月のメタライズドポリエステルフィルムコンデンサ
 緑色のコンデンサはキットに付属のもの
DSCF1121.jpg

DSCF1114.jpg

ピンヘッダを使って差替えできるようにしてありますが
音質比較のためですので最終的には半田付けします。
DSCF1112.jpg

DSCF1118.jpg

DSCF1115.jpg

【総評】
それぞれの変更に伴う音質の変化を以下にまとめました。
試聴環境はこちら。
スピーカー:fostex FF85WK
音楽ソース:Xperia X Performance
音源:生存本能ヴァルキュリア - THE IDOLM@STER (ハイレゾ FLAC 96kHz 24bit)
    Silly - 家入レオ (ハイレゾ FLAC 96kHz 24bit)
    winter fall - L'Arc~en~Ciel (ハイレゾ FLAC 96kHz 24bit)
    sister's noise - fripSide (AAC 44.1kHz 16bit 320kbps)

listening.png

現在は「◎」の仕様に落ち着いています。


スポンサーサイト
  1. 2017/08/19(土) 11:40:58|
  2. オーディオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<6AQ5シングル真空管アンプキット TU-8150デコレーション | ホーム | 6AQ5シングル真空管アンプキット TU-8150組立 2日目>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hayakawa5729.blog119.fc2.com/tb.php/74-c99704fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。