FC2ブログ

日々の戯言 Audio Computer

オーディオやパソコンなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Windows Vistaを使ってみる

Vista PC

発売からもう一年が経ちSP1も登場しましたWindows Vistaです。VistaのBeta2やRC1は使ったことがありだいたいの検討がついたあとのWindows Vista Ultimate 32bit SP1の使用レポートです。

メインマシンにインストールする気にならないのでサブマシンへインストールしました。スペックは以下の通り、


CPU Athlon64 3000+ (Venice 1.8GHz)

メモリー DDR400 CL3 1GB(512MBx2 Dual Channel)

HDD Maxtor 60GB 7200rpm ATA133
VGA Onbord GeForce 6100 64MB

DVD-ROM CD-R/RW Drive


かなり手を抜いたスペックのPCです。とりあえずWindows XP Professionalがインストールしてあったので40GBの空きパーティションを作りにインストールすることにしました。
インストールですが思っていたより速いです、だいたい30分で完了しました。マウスが使えるのは初心者にもとっつきやすいのではないかと思います。

オンボードのビデオですが一応DirectX 9対応なので問題なくAeroが動作しましたが、やはりウインドウの切替で少々ひっかかることがありますのでスペックの問題なのでしょう。RC1の頃と比べるとメモリーの使用量が少なくなっています。前ならタスクマネージャーで800MB前後でしたが、今は500MBくらいで足りているようです。

とりあえず、一通り各種ソフトをインストールして使ってみました。ドライバもWindows XP用のもので一応動作しました。
しかし、どうにも私には扱いにくい代物でした。初期設定でユーザーアカウント制御(UAC)が有効にされており無効にしない限りシステムの変更のたびに画面が切り変わり質問攻めに遭います・・・。
また、Vistaの目玉機能の一つであるサイドバーですが、Macのダッシュボードのような機能もちますが実際のところあまり意味がない空気のような存在です。

標準の搭載フォント「メイリオ」ですがフォント自体はいいのですがWindowsの表示システムがイマイチでせっかくのClear Typeを生かしきれてないようです。
また、OS自体が肥大化していて付属の各種アプリケーションもどれだけの人が使うのだろうかという印象ですね。

今のところ全く使っておりませんのであしからず。
また、Vista系統のサーバーOSのWindows Server 2008についても評価版を入手しましたので後日レポートします。
スポンサーサイト
  1. 2008/05/27(火) 18:57:54|
  2. パソコン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Westen Digital Caviar SE16

WD2000 HDD
非常にメインマシンのHDDの容量が手狭になってきましたので、特に速度重視の用途ではないので容量が大きなければなんでも良かったので何かいいものはないかなぁと思っていた時にちょうど見つけたのがこのHDDです。もちろん中古ですが・・・。

今回は初めてWesten DigitalのHDDを使います。今までHGSTかSeagate、今は無きMaxtorを使ってましたので少々不安もありました、が非常にメカニックな作りでごついデザインが好みです。
200GB SATA 7200rpmという結構前のスペックですが速度で問題になることはないです。ほぼ同じスペックのSeagate製よりも幾分か速い印象です。また騒音についても、アクセス時のカリカリというシーク音はほとんどしませんが振動が大きいような気がします。
また、数時間電源を入れておくと以外に熱くなります。これでRAID組んだら夏は暑さでお亡くなりになりそうな予感です。
今のところ外付け格安USBケースに入れて使用しています、もちろん消えても問題無いデータしか入れていませんが。
  1. 2008/05/27(火) 08:12:11|
  2. パソコン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。